機能

リソース

連携

>

>

パブリッククラウドとは?機能や活用シーンについての詳細解説

パブリッククラウドとは?機能や活用シーンについての詳細解説

パブリッククラウドとは?機能や活用シーンについての詳細解説

HC

Admina team

2023/07/26

近年、ビジネス現場において注目を集める"パブリッククラウド"。しかし、その正体や活用シーンについて知らない人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、パブリッククラウドとは何か、その機能や活用シーンについて解説します。ビジネスの現場で活躍している方はもちろん、これからパブリッククラウドを導入しようと考えている方にもおすすめの記事です。

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドは、インターネット上でリソースを共有し、オンデマンドで利用できるクラウド コンピューティング サービスの一種です。多くの利用者が同じリソースを共有するため、低コストで利用できることが一般的です。代表的なプロバイダーはAmazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、日本ではIIJ GIO P2 Gen.2、さくらのクラウドなどがあります。

企業や組織にとって、パブリッククラウドを活用することで、柔軟に拡張することができ、ITインフラの運用負荷も軽減できます。ただし、セキュリティ面やコスト面など、適切な利用方法を考慮する必要があります。また、プライベートクラウドとの違いもあるため、環境や目的に合ったクラウドサービスを選ぶことや、運用開始後の手間やセキュリティ対策にも注意が必要です。