機能

リソース

連携

>

>

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは

HC

Admina Team

2023/08/23

ソーシャル・エンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングという用語は、情報セキュリティや心理学の文脈で耳にするかもしれません。しかし、この複雑とも思える用語は、一体何を表すのでしょうか?人々の行動を引き出すための手法か、それとも複雑なシステムを操作する技術の一つなのか?この記事では、その疑問を解明し、ソーシャルエンジニアリングの全貌を探り、その特性や影響について深く考察します。

ソーシャル・エンジニアリングとは何かと問われると、これはサイバー攻撃の一形態であり、人間の心理を操る技術のことを指します。標的型攻撃などによく使われる手法で、情報を得るための欺瞞の技術と言えます。この攻撃手法は、一般的な情報への直接的な侵入ではなく、むしろ、対象となる個人が信じ込むような偽情報を使用し、あたかもそれが真実であるかのように操ります。結果的に、その個人は自らの意志で機密情報を公開するか、間も無く公開する可能性がある情報ソースへの直接的なアクセスを許可することになるのです。ソーシャル・エンジニアリングが成功すると、サイバー犯罪者はその情報を用いて、更なる被害をもたらす事が出来ます。したがって、この問題への理解と対策は、個々の情報を守るために非常に重要となります。