機能

リソース

連携

>

>

IPS IDS 違いとは: 必要性、種類、 導入時の利点の詳細解説

IPS IDS 違いとは: 必要性、種類、 導入時の利点の詳細解説

IPS IDS 違いとは: 必要性、種類、 導入時の利点の詳細解説

HC

Admina team

2023/07/28

「IDS」と「IPS」の相違点について解説する前に、まずはこれらの技術がなぜ必要なのかを理解する必要があります。インターネットの普及に伴い、私たちの情報やデータを保護するためのセキュリティ対策はますます重要性を増しています。その中でも、IDSとIPSはネットワークセキュリティの一環として活用されています。今回は、IDSとIPSの性質や必要性、さらに導入時の利点について詳しくご説明します。

IDSの概要は?

IDS(Intrusion Detection System)は、サイバー攻撃や不正なアクセスを検知するためのシステムです。IDSは、ファイアウォールのようにネットワークの外部からの攻撃をブロックするのではなく、ネットワーク内の通信を監視し、不正なアクセスや侵入を検知します。IDSは、主に異常検知と特定のパターンや署名を検知する方法を使用して、ネットワーク上の異常なアクティビティを特定します。これにより、IDSは組織のネットワークを保護し、セキュリティの脅威から守る役割を果たします。

IDS̆