機能

リソース

連携

>

>

情報資産の定義とは何か?情報資産管理のリスクと理解すべきポイント

情報資産の定義とは何か?情報資産管理のリスクと理解すべきポイント

情報資産の定義とは何か?情報資産管理のリスクと理解すべきポイント

HC

Admina Team

2023/07/28

情報は現代社会において不可欠なものとなりました。企業や組織が頼りにする情報は、貴重な資産として管理されるべきです。このような情報資産の管理は、リスクのある重要な課題となっています。では、情報資産とは一体何を指すのでしょうか?また、情報資産の管理に伴うリスクや理解すべきポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?本記事では、情報資産の定義とその管理におけるリスクについて探っていきます。

情報資産及びIT資産とは何か

情報資産とは、組織や企業が保有する重要な情報やデータのことを指します。例えば、顧客データや業務プロセスの情報、知的財産や機密情報などが情報資産に該当します。これらの情報は組織の運営に不可欠であり、漏洩や改ざんなどのリスクがあるため、適切な管理が求められます。このような情報資産の管理や保護には、IT資産も欠かせません。IT資産とは、情報資産を効果的に管理・利活用するための技術やツールのことを指し、データベースやサーバー、ソフトウェアなどが含まれます。適切な情報資産とIT資産の管理は、組織の競争力を高めるために重要な要素となります。