>

>

デバイス台帳管理を自動でサポート! “MDM連携機能”が登場

デバイス台帳管理を自動でサポート! “MDM連携機能”が登場

デバイス台帳管理を自動でサポート! “MDM連携機能”が登場

HC

Admina Team

2023/12/12

MDM連携 with Jamf

本機能の連携対象MDM

デバイス管理機能 サービス資料

デバイス管理機能 サービス資料

詳細はこちら

MDMとデバイス台帳の棲み分けは?

CPUやMEM、ディスプレイサイズ、SIM、バージョンなどのハードウェアに関する情報の管理から始まり、調達先、製造元、保証期間、固定資産の有無、購入日などの契約/経理の管理情報、そして誰にデバイスを貸与しているのかの割り当て情報などなど、様々な情報が管理されるデバイス台帳ですが、MDMとの棲み分けはできておりますでしょうか?

よくユーザからお聞きするのは、情報差異の発生やMDM或いはデバイス台帳からのコピー&ペーストにより二重作業/二重管理になっているケースが見受けられるようです。

MDM連携機能では、データの真正性と業務の効率化の観点から、MDM連携の機能をリリースしました。本機能のリリースにより、情報システムに従事される皆様の作業を支援していければと思っております。

MDM連携機能とは?

本機能ではAdminaのデバイス管理機能を利用し、デバイスを管理されているユーザ向けに効率化の実施をご提供します。

基本的な運用フローとしては、購入したPCは在庫としてAdmina台帳に登録し、MDMから取得できるデータについてはMDM連携をすることで、登録の手間を効率化するものです。

まずはJamfを対象にしています。今後他のMDMも着手を予定しています。