機能

リソース

連携

>

>

RBACとは?仕組みや必要な理由、メリット・実装法まで詳しく解説

RBACとは?仕組みや必要な理由、メリット・実装法まで詳しく解説

RBACとは?仕組みや必要な理由、メリット・実装法まで詳しく解説

HC

橋爪兼続

2023/07/26

RBAC(Role-Based Access Control)は、現代のビジネス環境でデータ保護と効率的なリソース管理を実現するための重要なセキュリティ手法です。 この記事では、RBACの仕組みや導入が求められる理由、メリットを詳しく解説します。 この記事により、RBACがどのようにデータアクセスを適切に制御し、企業にとって有益であるかを理解できるようになります。

ロールベースのアクセス制御(RBAC)とは?

RBACとは、コンピュータ内でのリソースへのアクセス権限を管理する手法の一つです。RBACでは、利用者が定められた役割(ロール)に割り当てられ、関連付けられた権限によってリソースへの接続が制限されます。 例えば、複数の人が一緒に暮らすシェアハウスを考えてみましょう。 各住人は、玄関のドアを開けるための合鍵を持っていますが、その合鍵のデザインや形状は住人全員で共通です。 しかし、シェアハウス内には、例えば共用の物置や個別の部屋など、別の鍵が必要な場所があります。 物置の鍵や個別の部屋の鍵は、一人ひとり異なるデザインや形状の鍵が付与され、ある一定の住人だけが接続できるようになっています。 このため、誰もが共有スペースに接続できる一方で、プライベートな場所への接続は制限されています。 このシェアハウスの例からわかるように、RBACにより個々の利用者が必要なリソースに適切に接続できるようになります。