>

>

IaaS、PaaS、 SaaSとは?それぞれの定義や違いについて概要を解説

IaaS、PaaS、 SaaSとは?それぞれの定義や違いについて概要を解説

IaaS、PaaS、 SaaSとは?それぞれの定義や違いについて概要を解説

HC

Admina team

2023/07/26

これからのビジネス環境において、クラウドコンピューティングはますます重要な役割を果たしています。しかし、クラウドコンピューティングには様々な用語が登場します。その中でも特によく聞かれるのが、「IaaS」「PaaS」「SaaS」という言葉です。これらの用語は、クラウドサービスの提供形態を表しており、それぞれ異なる役割と利点を持っています。今回は、IaaS、PaaS、SaaSのそれぞれの定義や違いについて解説します。

クラウドサービス(SaaS,PaaS,IaaS)定義の違い

SaaS、PaaS、IaaSはクラウドサービスの利用形態によって分類される用語です。クラウドサービスは階層構造になっており、提供する範囲によって名称が異なります。クラウドは幅広い範囲を表現するため、それぞれが深い意味を持っています。SaaS、PaaS、IaaSは、ビジネスのニーズに応じて選択し、定義し、分類することで、幅を制限し、理解しやすくなるようにしています。

SaaS(Software as a Service)とは?

SaaS(Software as a Service)はクラウドベースのソフトウェア配信モデルです。SaaSの読み方は「サース」もしくは「サーズ」です。このモデルでは、ユーザーはインターネット経由でソフトウェアにアクセスすることができます。その結果、ソフトウェアの導入やメンテナンス、更