>

>

標的型攻撃メールとは?標的型攻撃への対策

標的型攻撃メールとは?標的型攻撃への対策

標的型攻撃メールとは?標的型攻撃への対策

HC

Admina Team

2023/08/08

標的型攻撃メールとは

今この瞬間も私たちのパソコンやスマートフォンは無数のネットワークの中で通信を行い、情報をやり取りしています。その情報の海の中には便利さと引き換えに、様々な脅威が存在します。その中でも「標的型攻撃メール」という、聞き馴染みのないかもしれない単語をピックアップしてみましょう。この記事では、まるであなただけを狙ったかのように送られてくる攻撃メールの正体や、そんな危険から自身を守るための具体的な対策について詳しく解説していきます。

標的型攻撃メールとは、サイバー攻撃の一種で、特定の個人や組織をピンポイントで狙う戦略を言います。この攻撃は、受信者が信用できると思う具体的な情報を用いたメールを仕掛けることで、見破るのが難しくなるのが特徴です。多くの場合、このメールが開かれるとマルウェアがダウンロードされ、個人情報や機密情報が漏洩するリスクが出てきます。標的型攻撃は、従来の広範囲なサイバー攻撃とは異なり、特定の人物や組織の情報を狙い撃つため、防御が困難となるため注意が必要です。

標的型攻撃メールの特徴と見分け方

標的型攻撃メールは、個々のユーザーや組織を狙った攻撃で、特定の被害を狙います。その特徴の一つは、何かしらの添付ファイルが同封されており、それを開くとパソコンがウィルス感染する危険があること。そのメールの内容は、巧妙に偽装されているため、信用させるような事項が記載されています。見分け方は、送り主が怪しい、あまりにも緊急性を迫っている、曖昧な件名である等です。これらを見極め、衝動的に添付ファイルを開かないことが重要です。

実際に用いられた標的型攻撃メールの文面例

実際に用いられた標的型攻撃メールの一例を見てみましょう。メッセージは一見すると実際のビジネスメールと変わらないように見えますが、その中にはマルウェアが潜んでいます。「以下のリンクから最新の経費精算書をダウンロードして確認してください」という文面にアクセスすると、そのリンク先は実はマルウェアに感染したサイトで、クリック一つでパソコンが侵害される危険性があるのです。このような攻撃は社員個々のセキュリティ意識向上が求められます。