機能

リソース

連携

>

>

API Gatewayとは? 概要や機能、メリットまで詳しく解説

API Gatewayとは? 概要や機能、メリットまで詳しく解説

API Gatewayとは? 概要や機能、メリットまで詳しく解説

HC

橋爪兼続

2023/07/25

API運用の効率化や費用削減が求められる現代においてAPI Gatewayと呼ばれるものが普及してきています。 その中でもAmazonが提供する API は、APIの運用を楽に行いたい、費用を削減したいと考えている企業にとって有用です。 この記事では、API Gatewayの概要や機能、AmazonのAPI Gatewayの特徴やメリットまで詳しくお話しします。

API Gatewayとは?初心者向けにわかりやすく説明

Amazon API Gatewayは、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドサービスの一つで、API(Application Programming Interface)の作成、管理、保護、監視などを簡単に行うことができるフルマネージド型のAPI管理サービスです。ユーザーから届いた要請を個別のマイクロサービスにルーティングする役割を果たしています。

例として、ある旅行予約サイトが、下記のように複数のAPIを活用しているとしましょう。

  1. ホテル予約サービス

  2. 航空券予約サービス

  3. 観光情報提供サービス

  4. 顧客レビュー管理サービス


APIゲートウェイが導入されていない場合、ユーザーはこれらの4つのAPIと個別にやり取りし、各サービスとのやり取りを個別に管理する必要があります。これではユーザー側でのやり取りが非効率です。

そこで、APIゲートウェイの導入によりユーザーはAPIゲートウェイとのみやり取りし、APIゲートウェイが個別にAPIとやり取りします。これにより、ユーザーは各サービス毎のやりとりが必要なくなり、やり取りが効率化されます。

以上のようにAPIゲートウェイの導入により、やり取りが効率化され、開発者がより迅速な機能の実装を行うことが可能になります。