>

>

オンプレミスとは?オンプレミスの定義: クラウドとの対比で説明

オンプレミスとは?オンプレミスの定義: クラウドとの対比で説明

オンプレミスとは?オンプレミスの定義: クラウドとの対比で説明

HC

Admina Team

2023/07/28

オンプレミスとは、現代のテクノロジーにおいてよく聞かれる言葉ですが、その正確な意味や定義については、理解している方も少なくないかもしれません。特にクラウドコンピューティングの台頭に伴い、オンプレミスという言葉がしばしばクラウドとの対比として使用されることがあります。本記事では、オンプレミスの正体に迫りながら、その意味や使われ方について詳しく探っていきたいと思います。

オンプレミスとは、情報システムにおいて、データセンターなどの機器やネットワークを企業内部で運用することを指します。オンプレミスの利点は、企業が自身のデータを完全に管理し、セキュリティやコントロールを保持できることです。企業はデータセンターを建設し、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器などを導入して、データの保存、アクセス、処理を行います。一方、オンプレミスには高い運用コストと専門知識が必要です。最近では、クラウドサービスの進化により、オンプレミス環境をクラウドに移行する企業も増えています。

オンプレミスとクラウドの違いとは

オンプレミスとクラウドは、ITインフラストラクチャーを管理するための2つの異なる方法です。オンプレミスとは、企業が自社のデータセンターやサーバールームにサーバーやネットワーク機器、ストレージなどを保有し、自社で管理することを指します。一ٛ