>

>

契約更新タイミングを漏らさない! SaaSの契約・サブスク管理機能が登場

契約更新タイミングを漏らさない! SaaSの契約・サブスク管理機能が登場

契約更新タイミングを漏らさない! SaaSの契約・サブスク管理機能が登場

HC

Admina Team

2023/07/31

SaaS契約・サブスク管理のメリットとは?

「SaaS契約・サブスク管理機能」が登場しました。

この機能を使うことで、数十ものクラウドサービスの契約情報やサブスクの更新タイミングを、一元管理することができます。SaaSには年払いや月払いなど、様々な支払いサイクルがあり、支払日もバラバラですし、支払うクレジットカードや担当者も異なります。

しかしながら、契約更新のタイミングは、コスト削減や棚卸しにとっても非常に重要なトリガーです。更新タイミングを逃さずに棚卸しを行うことができれば、継続を望んでいないクラウドサービスを解約したり、年払いのタイミングでの高額キャッシュアウトに対応することができます。また、事前にアカウント数を減らすことで支払額を抑えることもできます。

AdminaはSaaS契約・サブスクの更新タイミングを逃しません。

SaaS契約・サブスクの更新タイミングを管理することで、アカウント棚卸しや契約見直しのタイミングを適切なタイミングで思い出す事ができます。逆に言えばその時まで忘れておくことができます。

棚卸しの機会を適切に設けることができるため、金額交渉に割引や、未利用アカウント・退職アカウントを発見する良い機会になります。これによって予期せぬ過払いや不要なコスト、セキュリティリスクを低減することができます。

これらは例えば年次払いのSaaS、例えばGoogle WorkspaceやSlackなどのような企業活動にとって必ず必要なコミュニケーションSaaSや、MiroやNotionなどのコラボレーションSaaSの様な費用が大きくなる傾向のあるSaaSに対して効果的です。

例えば実際にありそうな規模での棚卸しによるメリットを例示してみます。

この例では102万円/年 (31%)の削減に成功しています。


ケーススタディ:対象サービス:Miro
利用者数:200名
契約:月額契約 $10/月
年支払額:年額15,960円/1名月額 | $10 (= 1330 円 )×12ヶ月 = 15,960円
トータル支払額:約319万円 | 15,960円 × 200名 = 3,192,000円

削減例

  1. 不要アカウント15%(30名分)削除 

  2. プランを年払いに変更


アカウント削除:削減額 約48万円 | 15,960円 × 30名 = 478,800円
年払い切替:削減額 約54万円 | ($10-$8)×133円 × 12ヶ月 × 170名 = 542,640円

トータル:319万円支払額から約217万円の支払額に減額し、で102万円/年の削減

※ 従業員規模は500名-1000名規模を想定しています。
※ アカウント削除比率は当社データに基づいた参考値
※ 月額は2023年4月時点の日本向けの年額($8/M)/月額($10/M)定価の価格
※ 為替レートは2023年4月26時点の1ドル/133円で計算


実際に当社のサポートによってこれに類するご提案で、百万円単位の削減に成功したお客様もいらっしゃいます。この様な機会は年次支払などのタイミングが最も効果的です。