機能

リソース

連携

>

>

Okta(オクタ)とは?価格や機能・使い方を解説

Okta(オクタ)とは?価格や機能・使い方を解説

Okta(オクタ)とは?価格や機能・使い方を解説

HC

Admina Team

2024/03/22

テクノロジーの進歩がますます促進される現代において、ビジネスにおけるセキュリティと効率性は非常に重要な要素です。特に、社員の認証や権限管理が難しくなってきたビジネスシーンで重宝されるのが、クラウドベースのアイデンティティ管理ツールであるOkta(オクタ)です。その価格や機能、使い方について詳しく解説していきますので、ビジネスの効率化を図りたい企業のIT担当者やセキュリティ担当者はぜひ参考にしてください。

Oktaとは?


Okta(オクタ)とは、一つのIDaaS(Identity as a Service: アイダース)サービスであり、IDやパスワードの管理、認証を行います。現在、多種多様なクラウドサービスが普及し、一つの企業が複数のサービスを利用しているのが通常となっています。しかし、サービスごとにIDやパスワードを設定、入力するという作業は負担となっていました。Oktaはこのような課題を解決すべく、一元的なIDやパスワード管理を提供しています。Oktaを使うことで、各システムのログインの煩雑さを減らし、業務の生産性を改善することが可能となります。