>

>

kintone(キントーン)とは?特徴やメリットを解説

kintone(キントーン)とは?特徴やメリットを解説

kintone(キントーン)とは?特徴やメリットを解説

HC

Admina Team

2023/08/23

業務アプリkintone(キントーン)とは

今日、私たちはデジタル化が進む現代で、日々の業務効率を上げ、チームワークをよりスムーズにするためのツールとして、'kintone(キントーン)'に注目してみたいと思います。キントーンは、業務アプリケーションを自由自在にカスタマイズできるクラウド型のプラットフォームであり、世界各地の企業や組織、そして個人が利用しています。しかし、具体的にキントーンがどのような特長を持ち、どんなメリットを提供しているのかは一見するとなかなか理解しきれないかもしれません。そのため、この記事ではキントーンの具体的な特徴やメリットをわかりやすく解説し、より効果的な利用方法を模索します。

「キントーン」とは、クラウド型の業務アプリ開発プラットフォームであり、展開するアプリケーションを自在にカスタマイズすることが可能です。開発の専門知識がなくても、直感的な操作でアプリを作ることができ、ノーコード開発が可能なため、最短3分で業務アプリをアレンジ・立ち上げることができます。これにより、業務効率を飛躍的に向上するための支援を行います。データベース管理から業務フロー設計まで幅広く対応し、企業のビジネスの現場にフィットするカスタマイズが可能なアプリケーションを生み出します。

kintone(キントーン)の価格プラン

kintone(キントーン)は、ビジネスチームの生産性を最大化するためのクラウドベースのワークフローソフトウェアで、さまざまな価格プランを提供しています。具体的には、ユーザーがニーズに応じてコストを抑えられる「ライトコース」や、より多機能を求めるユーザーに向けた「スタンダードコース」があります。

ライトコースは1ユーザーあたり月額780円からのご利用が可能で、スモールビジネスのビジネスプロセスの効率化をサポートします。また、スタンダードプランは1ユーザーあたり月額1,500円からで、フルフレックスのビジネスソリューションが求められるビジネスにおすすめです。

だからこそ、kintone(キントーン)は豊富な価格プランを通じて、あらゆる規模のビジネスの生産性向上を支えています。

クラウドサービスkintone(キントーン)の特徴とは

クラウドサービスkintone(キントーン)は、自由な業務システムの追加が可能な点が特筆される。標準のアプリだけでなく、自分たちの業務フローに合ったオリジナルのアプリを開発・追加することで、真に必要な機能だけを持つカスタマイズ可能なシステムを構築することができる。また、外部サービスや基幹システムとの連携も容易で、例えばメールやスケジュール管理、CRMなどの他のシステムとのデータ連携もスムーズ。複数のデバイスからアクセス可能なので、オフィスでも外出先でも手軽に業務を進行することができる。これらがkintoneの主な特徴と言えるでしょう。