機能

リソース

連携

>

>

クラウド管理とは? クラウドの種類やメリットデメリットを解説

クラウド管理とは? クラウドの種類やメリットデメリットを解説

クラウド管理とは? クラウドの種類やメリットデメリットを解説

HC

橋爪兼続

2023/07/21

最近、テレワークが盛んに行われるようになりました。その過程でクラウドサービスの導入が進み、クラウド管理という概念が現われるようになり、その重要性は日々高まってきています。この記事では、そもそもクラウド管理とはどういうものなのかということについて、解説します。

クラウド管理とは

そもそもクラウドとは何でしょうか。
従来は、自社でシステムを構築し、そのシステムの運用までを自社で行っていました。これをオンプレミスと言います。オンプレミスでは、自社でシステムを保有しているため、システムを柔軟にカスタマイズしやすく、セキュリティの安全性が高いものでした。しかしながら、初期費用が非常に高く、システム導入後の資産管理が必要となります。
一方でクラウドでは、システムに必要な機器を自社で保有しません。具体的には「Gmail」や「Googleカレンダー」等のインターネットを経由するアプリケーションに利用されています。メリットとしては、既存のシステムを利用するため、初期費用が安くなること、導入が簡単でスムーズに利用を開始できること、ネットワークを介して場所を問わず利用できること、等があげられます。一方で、自由にカスタマイズができなかったり、長期的に見るとコストが高くなる可能性があったりとデメリットもあります。
オンプレミスでは、管理は自社内システムのみとなり、管理は非常に簡単でした。一方でクラウドは、社外にシステムがあるので、どのように管理するかが重要になります。クラウド管理とは、企業などで利用しているクラウドサービスを管理することです。具体的には、「いつ」「誰が」「どのように」「どのくらい」使用されているかを把握し、管理します。