機能

リソース

連携

年間約90万円分の無駄アカウント検出! Adminaの導入で業務の効率化とアカウントの最適化を実現

年間約90万円分の無駄アカウント検出! Adminaの導入で業務の効率化とアカウントの最適化を実現

年間約90万円分の無駄アカウント検出! Adminaの導入で業務の効率化とアカウントの最適化を実現

情報ガバナンス本部 情報システム部 コーポレートITチーム
生駒 正道 様

情報ガバナンス本部 情報システム部 コーポレートITチーム
生駒 正道 様

情報ガバナンス本部 情報システム部 コーポレートITチーム
生駒 正道 様

会社情報

弁護士ドットコムでは「プロフェッショナル・テックで、次の常識をつくる。」をミッションとして、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム®️」「税理士ドットコム®️」「BUSINESS LAWYERS®️」、契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン®️」を提供しています。

会社情報

弁護士ドットコムでは「プロフェッショナル・テックで、次の常識をつくる。」をミッションとして、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム®️」「税理士ドットコム®️」「BUSINESS LAWYERS®️」、契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン®️」を提供しています。

会社情報

弁護士ドットコムでは「プロフェッショナル・テックで、次の常識をつくる。」をミッションとして、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム®️」「税理士ドットコム®️」「BUSINESS LAWYERS®️」、契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン®️」を提供しています。

アウトライン

弁護士ドットコム様では、Adminaを導入することで、SaaSの退職者アカウントの管理契約書情報の整理を進め、無駄なアカウントコスト削減や業務効率化に成功しました。トライアルを通じた効果検証では、月額4〜5万円のアカウントのコスト削減月間10万円ほどの工数削減などを実現しました。

年間90万円の無駄なアカウントのコスト削減が期待でき、Adminaの高いユーザビリティにより社内での利用が拡大しております。今後は全社展開を進め、各事業部でも利用拡大と支出データの入力精度向上を図り、費用対効果の詳細把握に注力していこうと考えております。

アウトライン

弁護士ドットコム様では、Adminaを導入することで、SaaSの退職者アカウントの管理契約書情報の整理を進め、無駄なアカウントコスト削減や業務効率化に成功しました。トライアルを通じた効果検証では、月額4〜5万円のアカウントのコスト削減月間10万円ほどの工数削減などを実現しました。

年間90万円の無駄なアカウントのコスト削減が期待でき、Adminaの高いユーザビリティにより社内での利用が拡大しております。今後は全社展開を進め、各事業部でも利用拡大と支出データの入力精度向上を図り、費用対効果の詳細把握に注力していこうと考えております。

アウトライン

弁護士ドットコム様では、Adminaを導入することで、SaaSの退職者アカウントの管理契約書情報の整理を進め、無駄なアカウントコスト削減や業務効率化に成功しました。トライアルを通じた効果検証では、月額4〜5万円のアカウントのコスト削減月間10万円ほどの工数削減などを実現しました。

年間90万円の無駄なアカウントのコスト削減が期待でき、Adminaの高いユーザビリティにより社内での利用が拡大しております。今後は全社展開を進め、各事業部でも利用拡大と支出データの入力精度向上を図り、費用対効果の詳細把握に注力していこうと考えております。

導入前の課題

  • 契約やアカウントが不透明で価格交渉が難しく、ベンダー情報も不明瞭

  • 退職者アカウント残存セキュリティリスクの可能性。

  • 契約書情報がスプレッドシートに分散し、管理するべき情報が不透明。

導入前の課題

  • 契約やアカウントが不透明で価格交渉が難しく、ベンダー情報も不明瞭

  • 退職者アカウント残存セキュリティリスクの可能性。

  • 契約書情報がスプレッドシートに分散し、管理するべき情報が不透明。

導入前の課題

  • 契約やアカウントが不透明で価格交渉が難しく、ベンダー情報も不明瞭

  • 退職者アカウント残存セキュリティリスクの可能性。

  • 契約書情報がスプレッドシートに分散し、管理するべき情報が不透明。

導入効果

  • 月間7〜8万の無駄なライセンスコストを削減。年間で90万円の効果見込み

  • 月10万の工数削減とアカウント管理の透明性向上。業務改善に寄与

  • Admina導入により業務の合理化とコスト削減。情報把握が容易に

導入効果

  • 月間7〜8万の無駄なライセンスコストを削減。年間で90万円の効果見込み

  • 月10万の工数削減とアカウント管理の透明性向上。業務改善に寄与

  • Admina導入により業務の合理化とコスト削減。情報把握が容易に

導入効果

  • 月間7〜8万の無駄なライセンスコストを削減。年間で90万円の効果見込み

  • 月10万の工数削減とアカウント管理の透明性向上。業務改善に寄与

  • Admina導入により業務の合理化とコスト削減。情報把握が容易に

担当されている業務内容

 私は情報システム部のコーポレートITチームに所属しています。当チームでは、PC、スマホやネットワークなどのインフラやSaaSなどのアカウント管理やヘルプデスクを担当しています。また、それらの導入の企画・提案も行っております。

SaaSの利用状況について

 現在、Adminaに登録されているSaaSは30種類ほどあり、その他にも各事業部などで使用されているため、合計で約100種くらいのSaaSが利用されています。これらのSaaSに関わる情報を、可能な範囲で情報システム部が管理しています。SaaSの利用開始にあたっては、法務部門でリーガルチェック、セキュリティ部門でセキュリティチェックが行われ、これらが承認されると利用できる仕組みです。セキュリティ面での安全性や法的な側面を確認した上で、適切に契約を締結する仕組みとなっています。

これまでのSaaS管理の状況

 私が入社してまもなく、SaaS管理の課題に直面しました。Excelやスプレッドシートで情報が分散管理され、全体像が把握できない状況でした。この状況を改善するため、マネージャーと共に解決策を模索し、スプレッドシートを基にした情報整理を始めました。しかし、情報整理を推し進める中でもSaaSの契約期間や利用費用など情報の把握が難しい状況でした。

 そこで、マネージャーや情報システム部内のメンバーと協力して、情報システム部門内で管理しているSaaSの一覧化を目指しました。これにより、契約内容や担当者、ツールの利用状況などの情報を一元化し可視化しました。

SaaS管理ツールの導入検討

 Adminaは前職で紹介を受けたことがあり、サービスに一定の理解がありました。SaaS管理を整理しようとしていたタイミングで再度Adminaをご紹介いただく機会があり、アカウント管理に課題を抱えていたことから、Adminaが課題解決の一助となる可能性を感じました。

 Adminaと他のツールと比較し、Adminaにはアカウント管理や契約情報整理に優れた機能があり、また機能アップデートのスピード感も踏まえて、現在の課題に対処する可能性を感じ、導入を決断しました。

Admina導入へ

 Adminaの導入に際して、焦点を当てたのは、SaaSの退職者アカウントの管理、そして契約書情報の整理でした。これらの課題に取り組むことで、支出全体の管理をより効果的に進めることを期待しました。具体的には、トライアル時にすでに発生していた無駄なアカウントやコストを洗い出し、金額に換算して導入による費用対効果を数値化しました。

 導入前の状況では、SaaSの退職者アカウント管理とSaaSごとの契約情報が整理されていませんでした。トライアルを通じてAdminaの機能を活かし、これらの課題にどれだけ効果的に対処できるかを明確にしました。この過程で、無駄なアカウントやコストがどれほどあるかを把握し、それを具体的な数字に変換することで、導入の際の説得力を高めました

 上層部に対しては、無駄なコストの削減や導入による業務の効率化といった具体的なメリットを提示し、導入の必要性を訴えました。その結果、上層部からの理解と納得を得ることができ、Adminaの導入が実現しました。

Adminaの導入効果

 トライアルの時点で、3つのSaaSとの連携でありながらも、4万円ほどの月間無駄コストを削減できる可能性が浮かび上がりました。また、関連する業務においても、月10万ほどの工数削減が見込まれ、アカウントの棚卸しなども含め、年間で見ればかなりの削減が期待できると算出しました。今は連携しているSaaSが増えているため、更なるライセンスコストの削減が進んでいる可能性も考えられます。年間で90万ほどの無駄なコストが削減されたと試算しており、Adminaの導入費用以上の効果がでているとの認識があります。

 導入前までは棚卸しや利用状況の把握が不十分だったため、ZoomやSalesforceなどのアカウント管理が仕組み化されていない状況でした。しかし、Adminaの導入により、これらのツールの管理が簡単になり、SlackでのDMで利用状況を簡単に把握できるようになりました。これにより、棚卸し作業が容易になり、コスト対効果が大きく改善されていると感じています。総じて、Adminaの導入は業務の合理化とコスト削減に大いに貢献していると考えています。

今後やっていきたいこと

 現在、Adminaを全社的に展開する計画を進めており、各事業部でも利用してもらう準備を進めています。具体的には、各事業部が所有するアカウント情報を登録してもらい、費用や支出に関するデータも正確に入力していき、費用対効果を詳細に把握したいと考えています。この取り組みにより、コストがかかるアカウントが実際にどれほど利用されているのか必要性があるのかなどを検証し、適切な費用対効果の判断ができるようになることを期待しています。

こんな方におすすめです!

 弊社や他のベンチャー企業、特にテック系企業では、クラウド技術の活用が一般的になっています。ただし、新しいテクノロジーの導入に焦点が当たりがちで、アカウント管理や統制の面で追いついていない企業も多いようです。私たち情報システムの視点から見ると、Adminaのようなツールの導入が、アカウント管理の効率化上場企業に求められるIT統制に対応する手段となります。また、費用対効果の透明性向上も期待できます。Adminaを利用することで、企業の運用がより効率的になり、管理面での向上が見込まれます。是非、Adminaの検討をおすすめします。

担当されている業務内容

 私は情報システム部のコーポレートITチームに所属しています。当チームでは、PC、スマホやネットワークなどのインフラやSaaSなどのアカウント管理やヘルプデスクを担当しています。また、それらの導入の企画・提案も行っております。

SaaSの利用状況について

 現在、Adminaに登録されているSaaSは30種類ほどあり、その他にも各事業部などで使用されているため、合計で約100種くらいのSaaSが利用されています。これらのSaaSに関わる情報を、可能な範囲で情報システム部が管理しています。SaaSの利用開始にあたっては、法務部門でリーガルチェック、セキュリティ部門でセキュリティチェックが行われ、これらが承認されると利用できる仕組みです。セキュリティ面での安全性や法的な側面を確認した上で、適切に契約を締結する仕組みとなっています。

これまでのSaaS管理の状況

 私が入社してまもなく、SaaS管理の課題に直面しました。Excelやスプレッドシートで情報が分散管理され、全体像が把握できない状況でした。この状況を改善するため、マネージャーと共に解決策を模索し、スプレッドシートを基にした情報整理を始めました。しかし、情報整理を推し進める中でもSaaSの契約期間や利用費用など情報の把握が難しい状況でした。

 そこで、マネージャーや情報システム部内のメンバーと協力して、情報システム部門内で管理しているSaaSの一覧化を目指しました。これにより、契約内容や担当者、ツールの利用状況などの情報を一元化し可視化しました。

SaaS管理ツールの導入検討

 Adminaは前職で紹介を受けたことがあり、サービスに一定の理解がありました。SaaS管理を整理しようとしていたタイミングで再度Adminaをご紹介いただく機会があり、アカウント管理に課題を抱えていたことから、Adminaが課題解決の一助となる可能性を感じました。

 Adminaと他のツールと比較し、Adminaにはアカウント管理や契約情報整理に優れた機能があり、また機能アップデートのスピード感も踏まえて、現在の課題に対処する可能性を感じ、導入を決断しました。

Admina導入へ

 Adminaの導入に際して、焦点を当てたのは、SaaSの退職者アカウントの管理、そして契約書情報の整理でした。これらの課題に取り組むことで、支出全体の管理をより効果的に進めることを期待しました。具体的には、トライアル時にすでに発生していた無駄なアカウントやコストを洗い出し、金額に換算して導入による費用対効果を数値化しました。

 導入前の状況では、SaaSの退職者アカウント管理とSaaSごとの契約情報が整理されていませんでした。トライアルを通じてAdminaの機能を活かし、これら&#